Blog

自分の力を信じて腕試しのグレードテスト

技術をグレード判定しレベルの確認とより努力する力をつける

ピアノ教室を和泉市エリアで営み、通っている生徒様がグレードテストに挑戦しました。身に付けた技術を場の雰囲気により緊張しながらも上手に発揮できる能力の高さと丁寧な演奏が結果に結びつくグレードテストですが、結果を恐れずに果敢に挑戦する姿勢こそ評価に値します。

評価や結果がつきものなのでマイナスなイメージもあるようですが、自分の技術がどのレベルなのか把握し、より一層の努力とチャレンジに繫がりますので生徒様にとって良い経験となります。ブログでも様々な情報を発信しています。

  • DSC_0257

    趣味のピアノ

    2020/09/09
    以前から自分でもピアノが弾けたらいいなぁと以前から夢を持っていたYさん 60代半ばからピアノを習い始めた,まったくの初心者さんです。ドレミもわからなかったYさんですが、レッスンに通い始めて1...
  • DSC_0021

    さくら

    2020/09/08
    家の前のさくら
  • DSC_0216

    お楽しみ会

    2020/09/08
    楽しくみんなでトッピング
  • AdobeStock_13091023

    ホームページリニューアルしました

    2020/09/08
    当教室のホームページをリニューアルしましたこちらから皆様へレッスン風景やイベントの情報を配信していきます!ぜひご覧ください!
  • wpid-wp-image-590261818jpg

    こどもピアノコンクールを終えて

    2017/01/19
    年明け早々、カワイこどもコンクールが開催されました。 教室からは5人の生徒さんが、このコンクールに向けて、昨年秋から練習に励んできました。 2人が入選 2人が努力賞と4人もの生徒さんが...
  • wpid-wp-image-792548297jpg

    ミニコンサート

    2016/08/31
    日々生活に追われ、久しぶりの更新になってしまいました。 先日 今 習っている曲を、表現豊かに弾こう❗ のテ―マで、小さい生徒さん達による、ミニコンサートを開きました。
  • wpid-DCIM0242-e1390297329974

    2016年度カレンダー

    2016/03/15
  • wpid-photogrid_1451400008582

    冬の発表会(クリスマスコンサ―ト)

    2015/12/31
    みなさん、こんにちは(^-^) 今日は、大晦日 今年最後の日となりました。 教室の今年一番の出来事は、なんといっても、先週行われた発表会 冬のの発表会の舞台は、クリスマスらしさを取り...
  • wpid-photogrid_1450620104471

    発表会のご案内

    2015/12/21
    発表会に向けて、何かと忙しく過ごし気がつけば、夏以来久しぶりの更新となってしまいました。m(__)m 教室では、下記のとおり発表会を開催します。 とき 12月23日(祝 水) ...
  • wpid-photogrid_1437923004021

    合格おめでとう~\(^-^)/

    2015/07/25
    朝からセミの大合唱 夏本番ですね! 久しぶりの更新になってしまいました♪ 今月、12日のグレ―ドテストに、3人の生徒さんが受験し、合格しました。 おめでとう~\(^-^)/ グ...
< 12 3 4 ... 6 >

NEW

  • 趣味のピアノ

    query_builder 2020/09/09
  • さくら

    query_builder 2020/09/08
  • お楽しみ会

    query_builder 2020/09/08
  • ホームページリニューアルしました

    query_builder 2020/09/08
  • こどもピアノコンクールを終えて

    query_builder 2017/01/19

CATEGORY

ARCHIVE

楽器メーカーによって行われるグレードテストは、各レベルを履修した時点で受験資格が与えられる能力判定です。各レベルの楽曲を弾きこなす技術が身に付いた生徒様には希望があれば受験を勧めています。自分のレベルは、形に表すことができません。その為、グレードテストを受験することで、どのレベルにいるのかをはっきりと知ることができます。

練習に励んだ成果を確認するとともに次のレベルへの励みにもなり、音楽家や指導者レベルの人もグレードテストを受験します。ピアノを弾くことは自己表現の一つです。楽曲の意図をしっかり理解して演奏しないと悲しい曲が楽しそうに聞こえてしまう可能性もあります。聞いている人に奏者の喜びや悲しみといった気持ちを伝えることができるピアノの技術をもっと磨いて次のレベルへ挑戦していってほしいです。また、様々な情報を発信していますので、お楽しみいただけます。